薄毛治療が髪に未来を与える~ヘアーハッピーライフ~

医者と看護師

生活習慣の改善で治す

薄毛

薄毛治療は治療薬を使ったものが多いですが、治療薬を使用しない薄毛治療もあります。クリニックに通わずにできる薄毛治療は、生活習慣改善です。生活習慣が原因で病気になることは多いですが、病気だけではなく薄毛の原因になる可能性もあります。髪の毛に悪い習慣を改善して、良い習慣を取り入れることで、根本的に薄毛を改善していくことができます。生活習慣を改善していく上で重要なことは、栄養バランスと血行促進です。栄養バランスが悪いと、髪に十分に栄養が行き渡らなくなってしまいます。血行不良が薄毛の原因になることもあるので、血行促進をすることも大切です。

髪に良い栄養素は、タンパク質と亜鉛です。この2つの栄養素は、髪の原材料なので不足していると、直接的に薄毛に繋がります。バランス良く栄養を取ることは大切ですが、なるべくこの2つは不足しないようにすることが重要です。髪に効果的な栄養素は、ビオチン、ビタミンB2、L-リジン、L-メチオニン、カルシウム、マグネシウムなどがあります。これらの栄養素は、発毛に効果的な栄養素なので、積極的に摂ることが大切です。血行促進を心がけるなら、正しいシャンプーを学んだ方が良いです。自己流で髪を洗っている人がほとんどですが、間違った洗髪が髪にダメージを与えていることもあるので気をつけましょう。血行促進を目的として、シャンプーをするなら、まずはしっかりとブラッシングをした方が良いです。すぐにシャンプーをつけるのではなく、ブラッシングをすることで、髪に付着しているホコリや汚れを除去することができます。ブラッシングの後は、お湯で髪、頭皮を洗っていきます。シャンプーで皮脂や汚れを落とすイメージがありますが、実際は、お湯だけでも十分落とすことができます。しっかりとお湯で頭皮と髪を洗ったら、シャンプーをつけていきます。シャンプーを使う時は、しっかりと泡立てることが大切です。泡立てずに原液のまま頭皮につけてしまうと、しっかりと流れずに頭皮に負担がかかってしまうからです。洗い残しも髪に負担になるので、すすぎ洗いを入念に行った方が良いです。

ストレス社会の現代は、通常通り生活していてもストレスは溜まってしまいます。ストレスの蓄積が、間接的に薄毛の原因になっていることもあります。薄毛治療を始めるなら、蓄積したストレスを発散することも大切です。ストレス発散の中でも、特に良いのは、スポーツや運動です。スポーツや運動は、ただストレス発散ができるだけではなく、成長ホルモンが分泌されて、血行促進の効果もあるからです。治療薬で薄毛治療をするのも良いのですが、すぐに始められる生活習慣の改善も重要なポイントです。