薄毛治療が髪に未来を与える~ヘアーハッピーライフ~

医者と看護師

ポピュラーな薬

薄毛

薄毛を改善するためには、育毛シャンプーや育毛剤を使っている人は多いです。しかし、市販されている育毛商品では、効果を感じられないという人も多いです。そういう場合はクリニックを受診した方が良いです。最近では、テレビCMや広告などでも、薄毛は病院で治すものとして取り上げられていることが多いです。薄毛治療も進んでいるので、本気で薄毛を改善したいと考えているなら、まずはクリニックに足を運びましょう。クリニックで行われている薄毛治療は様々ありますが、よく行われているのはミノキシジルとフィナステリドを使った薄毛治療です。ミノキシジルとフィナステリドは、薄毛治療薬として有効的で、発毛クリニックで治療を受ける場合は、処方されることがほとんどです。どのような薬かというと、フィナステリドは、5aリダクターゼを制御して、脱毛の進行を抑える薬で、ミノキシジルは、血行促進して新しい毛根を呼び戻す薬です。

薄毛治療で処方されることが多いミノキシジルとフィナステリドですが、人によって処方される種類は異なります。どちらから片方だけ処方されることもあれば、ミノキシジルとフィナステリドの2つを処方されることもあります。両方発毛効果がある薬と思っている人も多いですが、発毛効果が高いのはミノキシジルだけです。フィナステリドは、発毛を目的としているのではなく、薄毛がこれ以上進行するのを防ぐというものです。対して、ミノキシジルは発毛効果は高いですが、薄毛を抑えることはできません。そのため、両方使用することで、薄毛の進行を抑えながら、発毛を促進することが可能なのです。

薄毛治療は、治療薬を使って進めるのが一般的ですが、薄毛の状態によって薄毛治療のススメ方は異なります。軽度の薄毛の場合は、フィナステリドだけの使用が多いです。それほど進行していない薄毛の時に、フィナステリドを使うことで、予防をすることができます。