薄毛治療が髪に未来を与える~ヘアーハッピーライフ~

医者と看護師

髪が薄い原因を探る

頭髪

薄毛で悩んでいる男性は、非常に多いです。髪の毛は見た目の中でも特に重要な部分です。薄毛で頭皮が見えてしまうと、老けて見えますし、似合う髪型も少なくなってきます。現在では薄毛治療も進歩しているので、早めに薄毛治療をすることで、薄毛を改善することができます。薄毛治療を行う前に、薄毛の原因を知ることが大切です。せっかく薄毛治療をしたとしても、原因を知っておかないと薄毛が再発する可能性があるからです。薄毛の原因は様々あり遺伝的要素、ストレス、食生活、ホルモンの影響などがあります。1つが原因となっていることもあれば、複数の原因が絡み合っていることもあります。

健康的な髪の場合は、髪の毛は太く、髪の量も多いので、頭皮が見えることはありません。しかし、薄毛になれば、髪の量が少なくなるので、地肌が見えてしまうのです。人によって薄毛のタイプは違っていて、毛が細くなるタイプと、本数が減るタイプがあります。人間というのは、自然に1日に50本~100本は脱毛しています。この脱毛の数が、150本以上になるなら、異常脱毛になるので注意した方が良いです。薄毛の原因は主に4つです。血流が悪くなり、髪の毛に成長が行き渡らなくなる血液循環不良、男性ホルモンの影響によって、毛乳頭細胞分裂が抑えらえる男性ホルモン、皮脂が異常に多く髪の成長が抑えられる脂漏、頭皮の突っ張りによって血流が悪くなる頭皮緊張、の4つです。自分はどれが原因で薄毛になっているか、考えみることが大切です。

薄毛のタイプによって、原因を知ることができます。薄毛は、頭頂部から薄くなっていくO型と、生え際から薄くなっていくM型があります。前者のO型は、血行不良が原因で薄毛になっていることがほとんどです。O型の方は、頭皮が赤くなっていることが多く、この赤みは血行不良ということを示しています。後者のM型の方は、遺伝が原因で薄毛になっていることが多いです。血行不良は、生活改善によって治すことができますが、遺伝の場合は少し改善しにくいです。ただ、100パーセント治せないというわけではないので、まずは医師に相談してみると良いでしょう。